歯科衛生士

歯科衛生士になりたい!


img

歯科衛生士とは、厚生労働大臣から免許を与えられ、歯科予防処置、歯科診療補助および歯科保健指導等を行う国家資格です。

仕事内容は歯科医師のサポートが全般で、歯石を取ったりフッ素を塗布したり、歯の磨き方などを患者さんに教えたり・・など業務は多岐にわたります。歯科医院の看護師さんというのが分かりやすいイメージです。

歯科衛生士の資格は、専門学校や短大などの養成学校を卒業して、国家資格を取得しなければなりません。また法律上男女の区別はありません。

歯科衛生士は女性が圧倒的に多い職場になりますが、もちろん男性も少数ながら居ます。(当然男性も同じく歯科衛生士養成学校に通い、歯科衛生士として働くことになります)

働く職場はほとんど残業・夜勤がなく、育児と仕事の両立がしやすいため、近年ますます人気の高い資格になっています。



歯科衛生士になるためには


なるにはチャートなるにはチャート

歯科衛生士になるためには、国家試験に合格するのが絶対条件になります。
国家試験の受験資格を得るためには、高校を卒業後歯科衛生士養成学校に入学しなければなりません。

また今までの養成学校は2年制がほとんどでしたが、養成学校の規則が改正されたため、平成22年4月からすべての養成学校が3年制以上とされました。

さらに4年制の養成学校もあり、今後4年制の養成学校も増えていく傾向にあります。


歯科衛生士国家資格を合格したら、歯科衛生士名簿に登録され、免許証が交付されます。
そこで初めて歯科衛生士としての道が開かれることになります。



興味のある方へ。情報収集に便利な一括資料請求(無料)サイトのご紹介


『リクナビ進学』で無料で情報収集♪

『リクナビ進学』では、全国の歯科衛生士養成学校のカリキュラム・料金等を一覧比較が可能です。また資料・パンフレットを一括でお取り寄せすることができます。(何個でも無料)

中継サイト経由なので、請求後にしつこい電話営業等がくることもありません。

資料には実際の資格取得者の生の声や就職先実績例、合格率、学園生活のこと・・など貴重な情報の宝庫です。

歯科衛生士の仕事に興味ある方は、まずは2,3つ手元に資料を取寄せてみて情報収集。自分にやれそうか?向いていそうな仕事かどうか?など判断すると良いでしょう。


 歯科衛生士の学校探し&一括資料請求(無料)


サーバー